高校受験対策はいつから?「今でしょう!」

調査書の評定(内申点)は1年生から積み上げることができる!

中学生のお子様を持つ保護者の皆さまは、

「3年生の受験本番までにどのようにして学力を付させたら良いのか?」「何年生から塾通いをさせたら間に合うのか?」を悩まれているのではないでしょうか?

岩手県内の公立高校を受験する場合、年生の1学期の学校生活ですでに受験競争はスタートしています

各学期末にご家庭に学校から通知表が届きますが、その通知表の各教科の5段階の評定(1から5まで)の積み重ねが高校入試の際の調査書(440点満点)の点数となります。

ですから安心してください。中学校に入学した1年生から調査書の評定は積み上げることができるのです。このため、今すぐにでもテストの点数を上げることが必要です。

お子さまに余裕を持って高校受験を迎えさせたいと心から願っている多くの保護者の皆様、今すぐ、お子様の通知表を確認して、受験対策に取り組んでください。

関連記事

  1. 東大生とのオンライン授業のすごい点

  2. 受験生と保護者がまずやるべきこと!

  3. 個別指導の良さ

  4. 保護者から高校生の子どもに贈るアドバイス